札幌こどものはいしゃさんは札幌市中央区にある小児歯科専門のクリニックです。日本小児歯科学会認定の小児歯科専門医による治療を行なっています。
妊娠中のお母様の口腔ケアや、0歳の赤ちゃんの口腔ケア、スペシャルニーズ(障害児への口腔ケアおよび治療)も対応いたします。

外傷・歯のケガ

歯のケガ〜歯の外傷・唇の傷・スポーツ外傷〜

むし歯治療

歯がかけた、折れた、抜け落ちたなどの歯や口もとのケガに対応します。歯のけがをしたときは専門家の治療が必要です。お子様のはや口もとのケガは、症状があまりない場合でも、しばらくたってから症状が出ることがございます。また、乳歯の場合、あとから生える永久歯に影響を与えることがあります。外から見ただけでは判断がつきません。痛みなどがない場合でも、一度受診されることをお勧めします。

歯が抜けた場合

歯が抜けてからの時間と保存状態がとても重要です
歯が抜けてしまったら、牛乳か生理食塩水もしくは歯の保存液につけてください!学校や園に「歯の保存液」があることが多いです。両方とも準備できない場合は、唾液中(お口の中)に入れる方法もございますが、お子様は飲み込んだり吐き出したりしてしまいますので注意が必要です。歯が乾燥してしまうと再植治療が行えません。また、抜けた歯を拾うときは必ず歯の「頭」を持ってください。根の部分にある「歯根膜」は非常にデリケートで再植の予後に影響を与えます。なお、頭痛やめまい、吐き気がある場合は、歯科受診よりも先に大きな病院で検査を受けてください。

歯がかけた場合

かけてしまった、折ってしまった破折片を探してください!破折片を戻して治せることがございます。破折片があった場合、ラップやガーゼなどに包み、乾燥させない状態で大切にお持ちください。かけた部分は触らないようにしてください。

歯の位置が変わった場合

歯の外傷は、完全に抜け落ちてないが、歯が揺れていたり位置が変わってしまい「脱臼」という状態になることがございます。歯の外傷は、完全に抜け落ちてないが、歯が揺れていたり位置が変わってしまい「脱臼」という状態になることがございます。この場合は、歯には触らず、そのまま急いで受診してください。外傷時から受診までの期間が短いほど、元に戻せる可能性が高いです。

スポーツ外傷

スポーツに伴う歯の外傷については、歯がかけた場合・抜けた場合・歯の位置が変わった場合の治療法とほぼ同じです。 スポーツ時は、競技種目にもよりますが、マウスガード着用を義務化しているスポーツが多いです。義務化されていなくても、お子様のスポーツ時はマウスガードの着用をおすすめします。マウスガードはスポーツ外傷を予防するだけでなく、競技パフォーマンスも向上させると言われています。なお、当院の理事長は札幌でも数少ないスポーツ歯科学会のスポーツデンティストです。スポーツマウスガードの専門家が作成いたします。
PAGE TOP